Design lab "Lights"

ABOUT

R E N O V A T I O N
修 復 / 刷 新

ロゴ_20161212.png

 

 

 

斬新なデザイン、

色合いはベーシックで合わせやすく。

DIY精神をもとにした、

数量限定生産、独特でユニークな洋服が、

あなたの自己表現を後押しします。

 

 

- Design lab "Lights" -

2014年より開始。「ローカルから前衛を」を掲げファッションレーベルをスタート。

飽和状態の都市よりも、地方は何もない無限のキャンバスととらえ、

「DIY精神」「無いものは自分たちの手で作る」「価値の反転」などをキーワードに、都市へのデザインアプローチを日々模索。

プロダクト面ではリメイクとグラフィックデザインを組み合わせた独自のものづくりを展開。

 

インディペンデントであること。

何ものにも縛られず、自由に、常に新しいものを追い求め、新鮮なひらめき、高揚感を与える存在であること。

http://designlablights.com

 

- 展示発表 -

2018年 ファッションワールド東京2018秋

2019年 ファッションワールド東京2019春

2019年  FIRST PERSONAL EXHIBITION(gallery Y)

2019年 "MINE"(gallery Y)

2020年 "-shirt"(gallery Y) 

2021年 "ONEWAY"(gallery Y)

 

- メディア掲載 -

東京新聞

読売新聞

産経新聞

茨城新聞

  

profile.jpg

デザイナー / 墳崎嵩史 (tsukazaki takafumi)

法政大学工学部建築学科卒業。同大学院中退。その後、諦められなかった服作りを学ぶためバンタンキャリアスクールでファッションデザインを学ぶ。

パリコレクション参加ブランドにてインターンシップを経験。 ボスからかけてもらった「お前ならできると思うよ。」は今でも忘れられない言葉。

起業資金を貯めるため、そしてファッションに関わる経験を積む目的で、販売員、製作会社、ファッションEC、流通などファッション業界の川上から川下まで数々のアルバイトを経験。この頃から仲間たちと複数のデザインユニットを組み創作活動を行う。

2014年よりDesign lab "Lights"を開始。ネットショップを立ち上げるものの創業当初は売上が数万円しか立たず、デザイン事務所として舵を切り直す。地元稲敷市の公式ゆるキャラグッズを制作したことが意図せぬヒットとなり経営が軌道に乗る。

2017年 - 2019年 茨城県のプロジェクト"いばらきクリエイターズハウス"に所属。多業界のクリエイター交流によるコラボレーション、2回の合同展を行う。

2019年以降は独自の世界観を深めるためにソロでの展示形式に爆シフト。

2021年11月 4度目のソロ展示をgallery Yにて発表

2022年現在 個人としてのミッションは "関わる人を前進させる" こと。(自分も含む)